千歳市清水町4-8-1-2F
0120-979-124
info@incubate-h-machidukuri.com

ネットで売れる文章 まずは第一印象が重要

企業に向けた準備室で事業計画と人脈をつくる

ネットで売れる文章 まずは第一印象が重要

広告バナーやSNSによる販売促進、商品紹介ページが溢れかえる今、消費者に共感してもらい購買してもらうには、どのような文章を載せればよいのか。

「Twitter」や「Instagram」のような短文投稿型のSNSから、ブログなど長文も投稿できるものまで種類も多岐にわたる。用途によって使い分けするのが有効である。用途によって使い分けするのが有効である。

顧客とのコミュニケーションや周知目的の場合には、読み手に共感を生むことに力を注ぐべきだ。特にコロナ渦を機に、購買で売り手を支援しようという「応援消費」が定着しつつある。
コミュニケーションの場で販促の色を強めると顧客の拒否感は生じ、逆効果になりかねない。
一方、販売を目的としたページでは、消費者にメリットを端的に伝えることが第一の目的をなる。
ただ、情報が氾濫する今、丁寧に説明したところで消費者には長い文章を読んでいる時間はない。(日経MJ 11月11日発行)
それでは、売れるページとは?…抑えるポイントが5つ。

Twitterには大手企業アカウント等が多く、コミュニケーションを取ったり、日常を投稿しているアカウントが多く存在している。
読み手の僅かでも心に残り続けることで、利用する候補となることが出来ると思う。
候補から選ばれた時、良い商品やサービスを提供することによって顧客になるのではないだろうか。